バンクイックとアコムはどちらがいい?

即日融資もできる審査情報

銭湯のこと

以前、東京に住んでいた時には、風呂無しのアパートだったため、よく銭湯に行ってました。自転車でいける範囲内だけでも結構な数の銭湯があったように記憶しています。ニュースにもあるように、確かに日本の銭湯文化は独特なので、外国人には評判が良いのでしょう。

しかし、昨今の経済状況を考えてみると、1回の入浴料もけっして安いものではありません。そして、燃料代の高騰はさらに銭湯存続の問題を困難なものにしているようです。銭湯経営者も高齢化してしまい後継者がいないのでは、今後も数は減っていくばかりです。私個人としては、衛生的な面が気になってしまい、公衆浴場には足が向いていません。

お湯を循環させているのではなく、かけ流しの、山奥の温泉にしか興味がなくなってしまいました。昔ながらの銭湯よりも健康ランドのような大規模なエンターテイメント性に溢れている方が、今の人には受けるような気がします。しかし、大規模な設備投資など到底不可能なので、やはり消えていく運命なのでしょう。


Categorised as: 未分類


Comments are closed.