バンクイックとアコムはどちらがいい?

即日融資もできる審査情報

やっぱりそれじゃ納得いかないヤジ問題

東京スター銀行へのりかえローンの説明に言った際にテレビ報道されていたヤジ問題。
「やっぱりそれじゃ納得いかないよね」というのが最初の感想。
塩村議員へのセクハラヤジは鈴木議員一人が名乗り出ておしまいというわけにはいかないようだ。

一昔前ならそれで幕引き出来たかもしれない。そもそもここまで大きく報道されなかったかもしれない。しかし女性の社会進出が進む中、それを支えるべき発言の最中に起きた今回のヤジは世間から大きな批判を浴びた。

なぜこのようなヤジを平気で飛ばせるのだろうか。
結婚や出産は女性の社会進出において大きな障害にもなりうる。男性は結婚しても妻が妊娠しても出産しても大きな制約は受けない。最近は男性が育児休暇をとるケースも出てきているが、少なくともお腹に赤ちゃんを宿し、大きな痛みと戦うのは女性だ。

悪阻で仕事に支障がでるかもしれない。出産で休んでいる間は自分の仕事を誰に引き継いでもらうのか。産後同じ仕事に復帰できるのか。子供の病気やけがで保育園から呼び出され、同僚や取引先に迷惑をかけるのではないか。
女性には出産育児に伴う心配ごとはたくさんあるのだ。

議会では、それを支えて、女性が働きやすい環境を作ろうと考え、実行してほしいと願うのは無理なのだろうか。

こんなヤジを飛ばした人達はきっと、「そんなに大変なら仕事をやめればいいじゃないか」という考えが心の中にあるのだろう。
どうせ「女性は働かずに家にいろ」とでも思っているのだろうと感じてしまう。
残念なことだ。

特に不妊に関するヤジは、なんと心ない人間がいるものだと悲しくなる。
人を平気で傷つけるような人が、私たちのために本気で考えてくれるとは思えない。

ヤジを飛ばした人たちは「問題が大きくなってしまって運が悪かった」ではなく、自分の発言についてもっと真剣に受け止めてほしい。

このまま幕引きでは納得いかない。


大人AKB、電車で気付かれず

AKB48に期間限定加入している、大人AKBの塚本まり子さん。
出席したトークショーで、電車に乗っていても気付かれていないことを明かしたそうです。

とても綺麗な女性だとは思うので、もし同じ電車に乗っていたら話をしてみたいとは思うけど…。
残念ながら、私も多分気付かないでしょう。

知名度がないのは、仕方がないことだと思います。
有名なAKBのメンバー以外知らないって人、多分沢山いますから。
いくらAKBに加入したからって、数か月で声を掛けられるまでになるわけがないです。
むしろ電車に乗れなくなってしまう方が、不便だとも思いますし。

そもそも大人AKBが必要あるのかなとは思ってしまいますが、せっかく選ばれた塚本さんには大人の魅力全開で頑張ってもらいたい。
旦那さんの理解があってのことですけど、専業主婦からアイドルへと子育てもしながら新しい夢に挑戦していることは素晴らしいです。

短い時間ですが一生懸命やっていることは報われ、今より知名度が上がって電車で声を掛けられるようにまでなってくれたらいいなと思っています。


雨に流された連勝記録

田中将大とうしゅの連勝記録が34でついに止まってしまいました。
(レギュラーシーズンの記録で日本シリーズの負けは除いています)

前回2安打に完ぺきに抑え込んでいたカブス戦。
今回も2回までは、とても素晴らしいコントロールとスピードでした。
3ボールから速球とスライダーを交えて三振をとるなど
堂々としたピッチングで、今日も負けそうにないなと思わせる内容でした。

しかし、3回に突然すごい雨が降ってきました。
日本ならいったん中断しそうな雨。マウンドの状態を気にしながらの苦しいピッチングになりました。
しかし見せ場は作った田中投手。
2点目を奪われた後4回、なおランナーが2,3塁という苦しい状況で
カブスがとった作戦は2連続のスクイズ。
しかし、田中投手の見事なフィールディングで、二つともアウトにしました。
ここで立ち直るかと思ったのですが、連勝記録を意識したのか味方の守りも
少しギクシャクして、エラーなどでさらに失点してしまいました。

9回には満塁のチャンスを作るなど、何とかして田中の負けを消そうという
熱いヤンキースナインの思いが伝わってくる攻撃でしたが、1対6の敗戦となりました。

雨さえ降らなければと思わずにいられないゲームでした。


銭湯のこと

以前、東京に住んでいた時には、風呂無しのアパートだったため、よく銭湯に行ってました。自転車でいける範囲内だけでも結構な数の銭湯があったように記憶しています。ニュースにもあるように、確かに日本の銭湯文化は独特なので、外国人には評判が良いのでしょう。

しかし、昨今の経済状況を考えてみると、1回の入浴料もけっして安いものではありません。そして、燃料代の高騰はさらに銭湯存続の問題を困難なものにしているようです。銭湯経営者も高齢化してしまい後継者がいないのでは、今後も数は減っていくばかりです。私個人としては、衛生的な面が気になってしまい、公衆浴場には足が向いていません。

お湯を循環させているのではなく、かけ流しの、山奥の温泉にしか興味がなくなってしまいました。昔ながらの銭湯よりも健康ランドのような大規模なエンターテイメント性に溢れている方が、今の人には受けるような気がします。しかし、大規模な設備投資など到底不可能なので、やはり消えていく運命なのでしょう。


スマホを遠隔操作で会話盗み聞き!うっ、怖い。

今日、元交際相手の女性のスマホに「遠隔操作アプリ」をダウンロードして、自分のパソコンで会話を盗み聞きしていた男性が再逮捕されたというニュースを読んだ。

再逮捕ということだから、 ストーカー行為などの別の逮捕理由もあるんだろうけど、この盗み聞きの行為は、「不正指令電磁的記録(ウイルス)供用」というものだそうだ。

遠隔操作アプリを使って、女性のスマホを勝手に操作して、自分のパソコンから女性の会話を盗み聞きしたり、録音したりしていたそうだ。 そのアプリでは位置検索も出来るそうで、別れてからも女性の行動をチェックしていたということになる。 
不気味というか、男性として最低!! (ただの犯罪行為だから、最低なのは当然か。)

自分もスマホを使っているから、なんだが「ゾッ」とした。 もちろんスマホに買ってにアプリをダウンロードすることは出来ないから、自動的にダウンロードされることはないのだろうけど、こういうアプリが世に出回っていることにちょっと驚いた。

これって、スマホを悪用したストーカー行為!! 何だか怖い。 会社で離席するときなど、スマホを机の上に置きっ放しにすることがたまにあったけど、これからは気をつけようと思った。 スマホって便利だけど、充分気をつけないとな~と実感した。


中山美穂さんの女優復帰を希望します。

大女優と芥川賞作家との電源結婚から12年。当時は、本当にびっくりしました。中山美穂さんもすっかりテレビで観なくなり、とても残念に思っていました。それでも最近は少しずつですがテレビで見かける機会が増え、相変わらずきれいだなーと思っていました。きれいな人は、いくつになっても綺麗ですね。

そして急に入ってきた離婚というニュース。これも本当にびっくりしました。お互いがそれぞれの仕事を持っているので、仕方がないのかなーという気もしますが…。旦那さんの方も、すごい方ですからねー。これで中山美穂さんが日本に帰ってきてくれるかどうかは分かりませんが、またテレデドラマに復帰してもらいたいなーと思っています。

連続テレビドラマには、ちょうど12年出ていないそうです。本当にもったいないですね。離婚が本当だとすれば残念なニュースですが、テレビドラマに復帰してもらえればうれしいです。中山美穂さんはやはり女優ですよ。少し楽しみです。


いまだ解明されていない原発事故

震災から3年。福島の原発事故からもつまり3年。
東北の街は、傷跡も多く残るが、普通に電車が走り、生活をしているように思える。
少なくとも、そこに住んでいない人からすれば、イベントやスボーツが行われたりしている町なのだから、震災以前のように、何も変わらず生活できているのだと思ってしまう。
何もなかったように。
実際、ほとんどの場所ではそうだろう。日本の技術力は、それだけ優れている。

でも、原発は違う。日本だからとか、技術力がどうという問題を超えている。
ニュースにあるように、いまだ大切なことは解明されていない。
作業員も、あくまでも「応急処置」しかしていない。どれも、何年も使えるような状態ではないと言っている。

原発は、技術があっても、簡単に近づいたり、長時間作業できない。だから前に進まない。
それだけなら仕方ない、時を待つしかないと思う。
ただ、もし、今のような状態が、何らかの機関の間での折り合いがつかない等、大人の事情により阻まれているのなら、大問題だ。

その点が今一番不安に感じる。


再婚には年収は関係ないそうです

最近離婚したタレントで医師の西川史子さんですが、今住んでいるマンションのローンが30年払いなので、ローンを返すのが大変だそうです。そして、芸能人の女性とは結婚すべきではないと言っています。女性も男性も芸能人の場合はいいけれども、女性が芸能人の場合、相手にへりくだったりするのがダメなので、うまくいかないそうです。

再婚はまだ考えられないそうですが、今度は年収4000万円と言うような希望はないそうで、相手は誰でもいいそうで、国籍も問わないそうです。でも、ローンの返済があるので、ある程度のお金は持っていなければならないそうです。結婚で一番幸せだったのは結婚式のときで、それからどんどん落ちて行ったそうで、結婚生活は大変のようです。自分のことを「ダメだなあ」とか「バカだなあ」とか言ってくれるような男性がいいと言っていて、離婚を経験していろいろと学んだようで、その経験が次の結婚に生かせて、いい再婚が出来るといいです。


自然災害に対する関東の弱さ

8日に降った記録的な大雪で、関東の自然災害に対する弱さがまた露呈したように感じます。人が多く住んでいる分、少しの異変が甚大な被害を及ぼし、数日にわたって影響がでてしまうのはとても恐ろしいことだと感じています。

特に鉄道や飛行機などの交通機関がマヒした事で、関東の生活は混乱を極めました。普段から交通量が多いのに、車で移動する人間が増えた事で高速などはかなり渋滞したようです。その上、慣れない雪道の走行という事で事故も多発し、渋滞が大渋滞へと発展していったように見受けられました。

こういった問題の背景には、都市部の人口の多さだけでなく、仕事の形態にも問題があると私は感じています。自然災害があっても、仕事などの用事を優先するがあまり、事故や混乱に巻き込まれるというのは本末転倒だと思います。海外の働き方が全て正しいとは思いませんが、もう少し命を大切にできる環境で働く事ができれば、こういった混乱も減るのではないかと感じました。


今後の景気、どうなることか。

上場企業の通期の業績予想を上方修正した企業が、88社に及んだそうです。今後発表を控えている企業も、上方修正する企業が増えるだろうと予想されています。円安が進んだことが一番の要因なのかなって思います。

日本の大企業と言えば、自動車産業に代表されるように、輸出がメインです。円安がもっと進んで、大企業の業績がどんどん上がって、下請けの中小企業や地域の零細企業にまで、好景気が押し寄せることを切に願います。

しかし、これから消費税の増税が控えており、今のいい流れが断ち切られてしまうのではないかと心配しています。一昔前、麻生政権の頃に「定額給付金」を頂きました。一時のお金ですが、嬉しかったのを覚えています。でも結局のところ、一時的なものなわけで・・。

今回も消費税を上げるにあたって、政府が現金を給付するという案があるようですが、それよりは給料のベースをあげるように、企業に圧力をかけてほしい所です。利益が出れば社員に還元するのが、正しい姿だと思います。